ad

iPhone 暮らしのこと

【格安SIM】 IIJmio ③ 導入するときに気になることは?【MVNO】

投稿日:2017年3月25日 更新日:

【格安SIM】 IIJmio 【MVNO】前回から日があいてしまいましたが、今回も引き続き格安SIMについて話をしていきます。今回は、格安SIMを導入するときに気になることは?ということをまとめてみました。

【格安SIM】 IIJmio 【MVNO】
【格安SIM】 IIJmio ① 格安SIM IIJmioに変えた経緯【MVNO】

今日は今CMなどで話題となっている格安SIM(MVNO)の中から、我が家で契約している「IIJmio(あいあいじぇーみお、みおふぉん)」について紹介します。一昨年にauから格安SIMに切り替えた際の記 ...

続きを見る

【格安SIM】 IIJmio 【MVNO】
【格安SIM】 IIJmio ② 仕組みと何故安いか?【MVNO】

前回に引き続き、格安SIM(MVNO)についての記事です。今回はMVNOの仕組みとなぜ安いのかについて説明していきます。 格安SIMの仕組み まず、格安SIMの仕組みについて説明していきます。格安SI ...

続きを見る

電話番号はどうなるの?

電話番号はMNP(電話番号を他社へ変わったときでもひきつげる制度・ナンバーポータビリティ)を使えば、引き継ぐことが出来ます。ですので、いまお使いの電話番号のまま格安SIMに変更をすることが出来ます。MNPの仕方は、サポートに電話をかけて「MNPしたいのですが…」と頼むのが一般的です。そうすると「MNP予約番号」というものを発行して貰えます。この番号があれば、電話番号をひきついで他社へ変更することが出来ます。ただし、手数料が3,000円程度掛かります。また、2年縛りの契約をされている方がほとんどだと思いますので、更新月以外だと更に10,000円程度違約金がかかります。

そもそもSIMって何?

SIMというのはSIMカードで、携帯電話やスマホ本体に入れて使う小さなチップです。写真のようにiPhone 6s Plusでは、本体横にSIMカードを入れる場所があり、中にはSIMカードが入っています。SIMは、電話番号を特定する情報が入っており、ケータイやスマホが通信するために必要なカードです。これがないと、スマホは圏外になり、WiFiを使わない限り通信できなくなります。大手のキャリアはスマホ本体も実質タダにするようにサービスを料金に入れたりしているのでわかりにくくなっていますが、実際はこのSIMを契約して、通信するために料金を払うというのが本来の契約となります。なので、キャリアや格安SIMを選ぶということは、スマホ本体を買うのではなく、このSIMカードを契約して通信料を払うことということを再確認して下さい。

今使っているスマホは使えるの?

docomoやauのスマホを使っている方は、そのまま今のスマホが使えます。ソフトバンクの方は、今のスマホの購入した時期が問題にはなりますが、少しの手間をかければ使えるようになる場合があります。

そもそも、キャリアで購入したスマホには「SIMロック」というものが掛けられています。SIMロックは、契約したキャリアの電波しか使えなくするというロック(鍵)がかけられるというものです。ですので、ソフトバンクで購入したスマホは、docomoやauではもちろん、前回までに説明をしたdocomo系やau系の格安SIMも使うことが出来ないのです。他のキャリアに関しては、docomoで購入したスマホはdocomo系、auで契約したスマホはau系の格安SIMを使うことが出来ます。しかし、そのSIMロックを外して、どこの電波でも受信できるようにする方法があります。通信業界の競走を加速させるために、2015年にSIMロックを外せるようにしないといけないという法案ができたそうで、2015年の5月以降に購入したスマホについては、6ヶ月以上使用したものに限り、簡単な手続きでSIMロックを外すことが出来ます。やりかたは各キャリアのホームページに書いてあります。

もちろんAppleStoreで買ったようなSIMフリーのスマホは、はじめからどこのSIMも使うことが出来るので安心です。

どこで契約するの?

Yモバイルなどの格安SIMは店舗があるので、店舗で契約ができます。しかし、IIJmioなどは店舗がないので、インターネットで契約することになります。ホームページに契約の仕方が書いてあるので、従っていくと契約できます。IIJmioに関しては、契約カードセットみたいなのがネットで購入することも出来ますし、イオンなどの店舗にて購入できるので、ネットに自信がない方はその手を使う方法もあります。自分の安心できる方法で契約の仕方を選ぶことが出来ます。

まとめ

お得に格安SIMに変えたいのであれば、端末料金の支払いが終わり、2年縛りの更新になる更新月に変えるのがベストです。今使っているスマホで十分ならば、そのスマホを継続して使えば料金がぐっと抑えられます。新しいスマホに変えるのであれば、スマホがついてくる格安SIMと契約したり、初期に値段はかかりますが、アップルストアなどのメーカーで購入したりするのがいいです。新品にこだわらなければ、メルカリや中古ショップでスマホを手に入れるのも節約する手ですね。

次回は契約する流れと使用の仕方を説明する予定です。

ad

ad

-iPhone, 暮らしのこと

Copyright© 梅日和 , 2018 All Rights Reserved.