ad

子供のこと 子供用品

自分で食べられるようになってからの食器

投稿日:2015年10月16日 更新日:

つかみ食べをせずに来た息子。そのまま食事を自分でスプーンに手が出てくるまでと特に教育せずにのんびり来たのですが、1歳9ヶ月になりついにいきなり自分でスプーンを持って食べるようになりました。

そこですくいやすい食器を買いました。選んだのはリッチェルごちそうプレート。一緒に検討したのはエジソンBabyプレート食べやすいお皿シリーズ。大きな違いは主食を入れる1番大きなスペースの食べこぼしガードになるくぼみ部分の場所の違いです。くぼみがスプーンから食べ物をこぼさず使い易いポイントになります。

リッチェルのごちそうプレート

ごちそうプレート上の写真ですと逆さまになりますが、こちらは1番大きいスペースの左右にくぼんだ部分があります。右利きの場合スプーンを右から左に運ぶ子はこちらがお勧めです。左右どちらにもついているので左利きの子も問題なく使えますね!それからおかず部分の2つの小さなスペースが底が深いというのもポイントが高かったです。

食器に装着出来る吸盤もとても便利でした。こちら他のリッチェルのお皿にも使えます。

EDISON(エディソン)のプレート

こちらは手前にくぼみが付いています。スプーンを奥から手前に運ぶ子はこちらがお勧めです。

スプーンとフォーク

リッチェルにぎにぎスプーン・フォークです。使いやすいようで、お出かけにも持ち歩いています。

余談 ミッフィーのトライシリーズセット

とても可愛いのでセット買いもお得にお勧めです。かわいいよーーー。

ad

ad

-子供のこと, 子供用品
-

Copyright© 梅日和 , 2018 All Rights Reserved.